有利な勉強法はどれ?

管理業務主任者試験の勉強法には大きく分けて、「通学」「通信」「独学」という3つの方法があります。各勉強法の特徴をまとめると、以下のようになります。

管理業務主任者試験の勉強法まとめ
  通学 通信 独学
費用 ×
教材
講義 ×~○ ×
受講生フォロー ×
学習の自由度
合格率 ×

まず、費用に関してですが、これは、独学が断然安くなっています。
おおよその目安としては、独学が1~2万円、通信が5万円前後、通学が10万円前後+交通費、と考えていただいて良いと思います。

教材に関しては、最近は、市販のテキストの質もだいぶ上がっていますが、それでも、受験のプロがつくった、通学・通信講座のテキストにはまだ及びません。
具体的にどこが違うかと言うと、市販のテキストは、試験範囲のすべてを網羅しようとする傾向にあります。それに対して、通学・通信講座のテキストは、学習の効率性を考えて、出題確率の高い箇所に絞ったテキストづくりがされています。

講義に関しては、通信の評価に幅を持たせました。というのも、管理業務主任者試験対策用の通信講座のなかには講義メディアが付く講座と付かない講座があるからです。講義メディアが付く講座は「○」、付かない講座は「×」と考えてください。

受講生フォローにもっとも優れているのは、やはり通学です。
疑問点があれば、すぐに講師に質問することができますし、また窓口では、さまざまな相談にも乗ってくれます。「ひとりで受験勉強をするのは不安だ」という受験生は、通学講座を利用すると良いでしょう。

通学は受講生フォローに優れているぶん、時間や場所の制約を受けることになります。いつでもどこでも学習ができるわけではないので、学習の自由度はどうしても低くなってしまいます。逆に、通信や独学は、自分のペースで学習を進めることができます。自己管理ができる受験生には、こちらがおすすめです。

最後に、合格率に関してですが、独学の合格率は一般的に低いと言われています。もちろん、管理業務主任者試験は独学での合格も十分に狙える試験ではありますが、より確実に合格を目指すなら、通学・通信講座を受講することをおすすめします。