管理業務主任者は稼げる?

このサイトを読んでいる人のなかには、管理業務主任者試験とマンション管理士試験のうち、どちらに挑戦するかで迷っている人も少なくないのではないでしょうか?
なかには、ダブルライセンスを考えている人もいるかと思いますが、管理業務主任者とマンション管理士の仕事を並行して行うことはできないので、試験合格後にはやはり、どちらかに進路を絞る必要があります。

どちらかを選ぶ際に、まず決め手となるのは、仕事内容だと思います。
両資格ともに「マンション管理」に携わる資格ですが、立ち位置が異なります。「管理業務主任者の仕事」のページでも紹介した通り、管理業務主任者というのは、管理組合からの委託を受けて、管理業務の実務を行うのが仕事です。一方、マンション管理士というのは、第三者的な立場から、管理組合に対して助言・指導を行うのが仕事です。

仕事内容の違いはわかりましたが、その結果得られる「年収」についても気になるところかと思います。
ただ残念ながら、管理業務主任者・マンション管理士ともに、比較的新しい資格であるため、年収に関する客観的なデータはまだ存在していません。しかし、広く一般の声を集めてみると、どちらも約400万円というのが、年収の相場のようです。

しかし、同じ「年収400万円」でも、両者の意味するところは全然違います。
まずマンション管理士は、コンサルタント職ですから、独立・開業している人も大勢います。そのため、1,000万円以上の年収を稼ぐ人もいれば、平均を大きく下回る年収しか稼げない人もいるといった具合に、年収にバラツキがあるのが特徴です。

一方、管理業務主任者というのは、独立・開業は考えにくく、管理会社の社員として働くケースが一般的です。そのため、年収のバラツキというのはそれほどありません。いきなり1,000万円以上の年収を稼ぐことは困難ですが、会社員ですから、仕事の実績が会社に評価されれば、それは当然、年収アップという形で反映されることになります。

以上のことから、一攫千金を狙いたい人はマンション管理士、安定性を求める人は管理業務主任者を目指すというのでも良いかもしれません。