管理業務主任者試験で問われる知識とは?

管理業務主任者試験で出題される内容は、①管理事務の委託契約に関すること、②管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること、③建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること、④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること、⑤そのほか管理事務の実務に関することの、計5分野になっています。各分野の詳細は以下の通りです。

<管理業務主任者試験の出題内容>

①管理事務の委託契約に関すること
民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書 等
②管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること
簿記、財務諸表論 等
③建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること
建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項 等
④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等
⑤そのほか管理事務の実務に関すること
建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの) 等

マンション管理士試験の学習経験がある受験生はピンときたかと思いますが、管理業務主任者試験とマンション管理士試験の出題内容には重複する部分が多々あります。
たとえば「④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること」は、マンション管理士試験の出題範囲のなかにもあります。

それ以外にも、①と⑤はマンション管理士試験の「マンションの管理に関する法令及び実務に関すること」、②は「管理組合の運営の円滑化に関すること」、③は「マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること」と、それぞれ重なります。

「一石二鳥」ではありませんが、同じ知識が活かせることもあって、管理業務主任者とマンション管理士のダブルライセンスを狙う受験生も少なくありません。もし時間に余裕があれば、両方の受験勉強を並行して進めて、一年でダブル合格を目指してみてはいかがでしょうか。