おすすめの講座を紹介します!

「管理業務主任者試験の勉強法」のページでは、通学・通信・独学それぞれの特徴を紹介するとともに、「より確実に合格を目指すのなら、通学または通信講座を受講するべき」と結論づけました。

ただし、今注目の資格だけあって、管理業務主任者試験対策用の講座は、通学・通信ともにかなりの数が開講されています。
そこで、このページでは、通学と通信からそれぞれひとつずつ、おすすめの講座を紹介したいと思います。

<おすすめの通学講座>

短期学習での一発合格を目指すなら、TACの管理業務主任者試験対策講座が断然おすすめです。

TACが掲げる、短期・一発合格の秘訣は「無駄なことはしない!」です。その方針は、カリキュラムにもよくあらわれています。
たとえば、管理業務主任者試験で問われる内容は「法令等」と「設備等」の大きく2つに分けることができるのですが、そのうち試験問題の大半を占めるのは「法令等」に関する問題です。そこでTACでは、「法令等」に重きを置いたカリキュラムを組んでいます。

偏りのあるカリキュラムはリスクも孕みますが、学習の効率性を考えるなら、とても有効な方法であることは間違いないでしょう。

<おすすめの通信講座>

通信講座のなかでおすすめしたいのは、フォーサイトの管理業務主任者試験対策講座です。

みなさんは、通信講座に対してどのようなイメージを持っていますか?
「月1回、教材が送られてくる」
「添削指導をしてくれる」
確かに、そうした古いタイプの通信講座も未だ少なくありませんが、フォーサイトの通信講座は全く違います。

とりわけ特徴的なのが講義DVDで、これが実に本格的なんです!
通学タイプの受験指導校のなかにも、講義DVDをつくって、通信講座を開講しているところがありますが、あのDVDは、教室での講義の模様を単に録画しただけのものです。そのため、講師が板書をしている間の無駄な時間や、受講生が立てる物音なども含まれてしまっています。

それに対して、フォーサイトの講義DVDは、通信講座のためだけに、専用のスタジオでハイビジョン撮影したものです。雑音はもちろん、電子黒板を使っているので板書のための無駄な時間も一切なし。集中して講義を受講することができます。